業務系ITとWEB系ITの違いから見るIT業界とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたがIT業界の仕事をしているとしたら、自分の仕事を説明するのが難しくありませんか?

難しい理由は、ITという言葉の範囲が広すぎてあいまいに使われているからです。

ITと聞いてパソコンを思い浮かべる人は大勢いると思いますが、パソコンに関わる仕事だけがIT業界ではありません。

誰かに説明する機会があってもなくても、IT業界を説明するに当たり業界の全体像は知っておいて損はありません。

業界の成り立ちを踏まえつつ、IT業界とそこで働くエンジニアの分類を解説します。

業務系ITとWEB系IT

IT業界という言葉の中には、大きく2つの系統がごちゃまぜになっているのが現状です。

その2つとは、

  • 業務系IT
  • WEB系IT

上記の2つです。

業務系ITの歴史

業務系ITの歴史は、かつて機械そのものが大型で部屋を丸々占拠するほどの大きさだったころから始まります。

そこでの主役はメインフレームと呼ばれる大型汎用機です。そして、企業のIT部門は電算室などと呼ばれていて、文字通りコンピュータを使って計算処理をするのが役割でした。

現在でも情報処理試験などの言葉として名残がありますが、最初は大がかりな計算機であり、情報処理をする機械としてスタートしました。

メインフレームに始まり、オフコン(オフィスコンピュータ)を経てパソコンへ、技術の進歩と共にだんだん機械のサイズが小さくなっていきました。

(ちなみにメインフレームは、今でも金融機関などで堅牢なシステムを維持するため現役で使われています。)

業務系ITで有名な企業はIBM、マイクロソフトなどです。日本国内ではNEC、富士通、日立製作所などです。

WEB系ITの歴史

WEB系ITの歴史は、WEBの普及と共に始まりました。インターネットを使ったサービスを専門に行う会社であり、業務系ITと比べると、その歴史は浅いのです。

WEB系ITで有名な企業はGoogle、facebookなどです。日本国内では楽天、サイバーエージェント、YahooJapanなどが該当します。

業務系ITとWEB系ITの両方にあるインフラ系

ざっくりと業務系とWEB系に分類分けをしましたが、両方に存在するのがインフラ系です。

ソフトウェア(アプリケーション等)を動かすためのハードウェア(機器類)は業務系とWEB系にも必要となります。

インフラ系はパソコンやサーバー本体やネットワークで機器同士をつなげるなどハードウェア寄りの仕事内容です。

業務系ITとWEB系ITの統合

これらの情報を踏まえ、システムエンジニアを当てはめると下記の図のようになります。

ざっくり IT業界とSEの分類 図

ざっくり IT業界とSEの分類 図

 

所属する企業によって、どのあたりに位置するシステムエンジニアなのかが見えてくると思います。また、同じ企業内でも部署によっては位置が変わってくるでしょう。もしくは、担当プロジェクトごとに位置が変わるケースもあるかもしれません。

便宜上、業務系ITとWEB系ITを分けていますが、業務系だからと言ってWEBが全く関係ないかというと、もちろんそんなことはありません。

企業で使うITにWEBが関係しないとは考えられません。ですから、業務系とWEB系の垣根はほとんどないと言っていいでしょう。

まとめ

「ざっくりIT業界とSEの分類図」はいかがだったでしょうか。

技術体系も、どの位置にいるのかで変わってきます。

業務系ITのシステムエンジニアでも、インフラ系をまったく知らない訳ではありません。

得意なジャンルと不得意なジャンルはあるにせよ、全体的に広く浅くスキルを身に付ける必要があります。

これからIT業界を目指す方や、既にIT業界のエンジニアで働く方にとっても、大まかな全体像を把握しどの方向を目指すのか、自身のキャリアアッププランにお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無料レポート 失敗ITプロジェクト事例集 プレゼント

誰かの「やっちまった!」が明日のあなたを救う!

通常、失敗事例は世の中に出回りません。なぜなら、失敗は忌むべきもの、隠すべきもの、として扱われるからです。
しかし、失敗の共有こそ学びの宝庫です。

意識が上がり、もっと仕事ができるようになる
「これをやってはいけない」が学べる
自分の活動に当てはめて考えることができる
歴史から学ぶ
他人の失敗から勇気をもらえる

ITプロジェクト推進に役立つスキルアップのための失敗事例集です。
ぜひ、あなたのエンジニアライフの充実のため、キャリアアップのためにお役立てください。


無料レポートをダウンロード

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*