経験者が語る転職の前に知るべき社内SEの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
経験者が語る転職の前に知るべき社内SEの仕事内容

システムエンジニアの転職で人気となるのは社内SEと言われています。

転職の際には募集人数がが少ないことから「狭き門」とも言われ、IT企業のSEから見れば「楽チン」に見える社内SE。

実際にIT企業のSEから社内SEに転職した経験から、社内SEの仕事内容からリアルな現実までをお伝えします。

社内SEの仕事内容とは?

大きく分けてその企業がシステムを内製しているのかどうかによって仕事内容が変わってきます。

システムを内製している場合

業務系ITの世界ではシステムの内製は数少ないパターンですが、WEB系ITの場合はよくあるパターンかもしれません。

業務系ITでは、おそらくシステム子会社のような位置付けで、親会社のシステムの運用保守と開発を請負う立場になります。

システムの開発が仕事になりますが、同じシステムをずっと手掛けることになるので、特定の分野のシステムに精通するスペシャリストになれます。

IT企業のようにジャンルの違うプロジェクトを経験するわけではないので、身に付くスキルはかなり偏ったものになるかもしれません。

システムを外注している場合

社内での位置付けは、企業の情報システム部のようなIT部門です。

開発が無いので、開発案件のベンダーコントロールを担当することになり、システム導入の上流工程寄りの仕事が多くなります。また、社内のIT部門という位置付けなので、利用部門のヘルプデスク業務が特徴です。

ヘルプデスクでは「パソコンの電源が付かない」「ネットワークにつながらない」などの小さな対応が多く、システム開発と比較すると雑用が多くなります。

まとめ

社内SEの仕事内容は、主に、その企業のシステムの開発や運用保守、そして社内のヘルプデスク業務となります。

システムを内製しているのであれば直接手を動かす開発となり、システムを外注しているのであれば外注先をコントロールする立場となります。

内製かどうかに関わらず、IT企業のようにジャンルの違うプロジェクトを経験するわけではないので、身に付くスキルは偏る傾向となり、特定のシステムのスペシャリストになります。

社内SEの仕事の特徴

社内SEの仕事の特徴は、IT企業の仕事よりも細かなタスクが数多く発生し、その細かなタスクを並行してこなす能力が必要になります。

例えば、IT企業のSEは現在手掛けているプロジェクトの仕事を今日一日がっつり集中して取り組む予定は組みやすいのですが、社内SEとなると難しくなります。タスクが細かく細分化され、どうしても一日でやる仕事はバリエーションに富んでしまいます。

慣れの問題もありますが、並行作業が出来るスケジュール管理は必要になります。

社内SEの向き不向きは?

僕自身の体験になりますが、もし、IT企業のSEからの転職となる場合、システムの運用に強いSE、もしくはエンドユーザーとの折衝が得意なSEであれば仕事内容に慣れやすいのかもしれません。

一般企業内での立ち位置になりますので、システム利用ユーザーとの距離が近く、専門用語を分りやすく説明できる力などが活きてきます。

元々エンドユーザーに近い立場であれば仕事はやりやすくなります。

社内SEは楽なの?

確かに、IT企業のSEからすると社内SEの方が楽に見えるかもしれません。

実際僕もそうでしたが、1ヶ月の残業時間を比較すればIT企業のSEだった頃よりも、社内SEのほうが残業時間は少なくなりました。もちろん、所属する企業にもよりますが、単純に労働時間が少なくなって楽に感じることはありえます。

しかし、仕事内容で比較すると仕事内容が違ってくるので何とも言えません。

何と言っても社内SEは社内のシステム利用部門とのコミュニケーションが大事です。大事なプロジェクトから雑用まで、人との接し方がストレスになるかどうか、かなり重要です。

最後にリアルな現実を

僕が社内SEに転職して最初に持った感想は「この仕事内容で給料を貰ってしまっていいの?」でした。。。

ヘルプデスクの対応内容などはITに詳しい人からすると初歩的なことが多いので、そんな感想をもってしまったのです。

たまたまご縁をいただき、IT企業に在籍していたころより、残業は減り年収が増えていたというのもありました。

しかし、良い事ばかりではありませんでした。

IT企業を離れ一般企業に転職するとなると、その転職先のルールに従う事になります。

当たり前ですが、かなり重要なことをお話します。

一般企業に所属するという事は、昇格人事などのルールも変わるということです。例えば、高度情報処理技術者試験の区分の資格を持っていたとしても、昇給のルールにないので給与に影響しないということもありえますし、昇格するためにはその企業のルールに従う必要があります。

IT部門のために専用の人事制度を用意してくれる企業はまれなので、IT技術者でありながら一般企業の社員という立場に何らかの違和感を感じる可能性があります。

プロジェクト管理がIT企業と比較して弱いことがIT業界を取り巻く非常に大きな課題なのですが、実際にその問題に直面するかもしれません。

さらに言うと、企業の情報システム部門そのものが存在意義を問われる時代となっています。

情報システム部門が強い会社はまだまだ世の中には少なく、コストのかかる間接部門として経営から軽んじられる傾向もあり、その存在意義が見直される時期にきています。

社内SEとして転職し、情報システム部門の在り方を変えるのは難しいミッションです。

逆に言えば、情報システム部門の在り方を変えることが真のやりがいになるかもしれません。

僕自身は、自分で選択したとはいえ、ご縁をいただき社内SEを経験しました。その情報が少しでもお役に立てれば幸いですし、今後のIT業界を変えるような社内SEが誕生することを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

社内SEへの転職 はじめの一歩

社内SEへの転職「はじめの一歩」は転職サイトに無料登録してみることです。


社内SEへの転職は、エージェントが紹介してくれる「非公開求人」に注目です。社内SEは募集人数が少なく、すぐに募集が締め切られてしまいます。あなた自身の転職希望のタイミングと合うか合わないか、ご縁次第かもしれません。


ご縁を引き寄せるためには日ごろからアンテナを張っておくことが重要です。今すぐ転職の希望が無くても、貴重な情報をキャッチし、ご縁に繋げるために、無料登録だけでも済ませておくと有利になります。


詳細はこちら。




 


システムエンジニアラボラトリーでは無料メルマガ会員を募集しています。


もれなく「失敗ITプロジェクト事例集」が無料ダウンロードできます。


無料メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*